『ロッキー』 愛は同じ境遇から生まれる

公開日: : 最終更新日:2014/04/28 映画

エイドリア~ン
でお馴染みの映画『ロッキー』
ボクシングを題材にしたスポーツものですが、
主人公のロッキーとエイドリアンのラブロマンスがとっても素敵。

ふたりはただ愛し合うだけではないんですね。
同じように冴えない人生を生きてきた同志なのです。
だから分かり合えるし、理解し合える。

主人公のロッキーはしがない4回戦ボクサー。
でもぱっとしないまま30歳を過ぎてしまった。
長年使っていたジムのロッカーも若い新入りに取られてしまうという始末。

学歴もなく仕事が見つからず、人生に何の目標も持てず暮らしている。
婚活でいえばまさに低スペ男!

そんなロッキーがひそかに想いを寄せるのが、
ペットショップで働くエイドリアン。

これまたド底辺な女性です。

メガネをかけたブスで暗くて地味な三十路女。
でもこの設定じゃないとダメなんです、この映画は。
ロッキーが想いを寄せる相手は自分と同じように
底辺でもがきながら生きている女性じゃないと話が成立しません。

一方そのころ、
無敵の世界チャンピオンが話題作りのために
またく無名のボクサーと対戦することを計画する。
その対戦相手に選ばれたのがロッキーだった。
最初はこの話を断るロッキー。
しかしチャンピン側が強引に興行を組んでしまう。

こうしてロッキーの止まっていた時間は動き始めます。

過酷な練習に耐え、エイドリアンとも心を通わせてゆく。
壊れかけていたまわりの人達との人間関係も修復しはじめる。

そしてロッキーはエイドリアンにこう言う。
「自分は負けるだろう。でもKOされず最終15ラウンドまでリングで立っていられたら、自分がクズではないことが証明できる」

このセリフに共感できるのはブスキャラのエイドリアンを置いて他にいません。
金持ちのお嬢様の前でこんなこと言っても仕方ないですよね。

エイドリアンではなく、人生の勝者であるお金持ちの美人に恋する話では、
この『ロッキー』という敗者の物語は成立しないのです。

肝心の試合のボクシングシーンはやや荒唐無稽で、
あまり評判がよくありません。
もっとしっかり作ればよかったのでしょうが、
予算も限られていたので仕方がないのでしょう。
しかしなぜかロッキーのファイトには、やはり熱くなります。

さんざん打たれたうえ、強烈なパンチを食らいダウンするロッキーに
セコンドはもう立つなといいます。もうよくやったと。
でもその言葉を聞き入れずふたたび立ち上がるロッキー。

このへんになるともう、
映画だということを忘れて思わず応援してしまいます。
どれだけ殴られても、どれだけ倒されても
また立ち上がるロッキー。

そして15ラウンド終了のゴング。
判定での勝利に喜ぶチャンピオン。
そんなことには構わずロッキーはエイドリア~ンと叫び続ける。
人並みをかき分けロッキーのもとに向かうエイドリアン。

底辺カップルのふたりの戦いはこうして幕を閉じます。

同じ目線の高さで、同じ目標を見られるって素敵だなと感じさせてくれる映画です。同じ境遇だからこそ理解が生まれ、愛が育まれる。

ラストシーンでお金持ちの美女とロッキーが嬉しそうに抱き合っても
絶対感動しませんよね、コレ。

関連記事

51-b5n6C-UL._SL160_

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』 真の愛情は人生の扉を開ける。

この映画は、天才的な頭脳を持ちながらも心を閉ざす主人公ウィル・ハンティングと、妻を亡くし

記事を読む

ラブ・アゲイン

『ラブ・アゲイン』 何よりもかけがえのないもの

高校時代に初めてつき合った魅力的な女性との間に子供ができ、そのままゴールイン。20年間幸せに

記事を読む

51Nq3APjbkL._SL160_

『ルビー・スパークス』 理想のように思えても相手を思いやる愛情も大事

私の大好きな映画「ルビー・スパークス」をご紹介したいと思います。 この映画の世界観や雰

記事を読む

愛のむきだし

『愛のむきだし』 愛とは決して後悔しないこと♪

とにかく長い。 三時間を越える大作だが飽きさせない。 主人公の少年はクリスチャン

記事を読む

51MxEp2729L._SL160_

『人のセックスを笑うな』 振り回される恋愛はやっぱり魅力的!

■フランス映画のようなユルさが魅せる自然な2人の時間 第132回芥川龍之介賞の候補作に

記事を読む

ベティ・ブルー

『ベティ・ブルー』 純粋すぎる愛は激しさとともに二人を刺し貫く

ベティ・ブルー 愛と激情の日々、 フランス映画の名作です。 主人公の自由奔放な少

記事を読む

風と共に去りぬ

『風と共に去りぬ』 自惚れと冷静さ

名前ぐらいならかなりの人が知っているんじゃないか、そんな名作映画、『風と共に去りぬ』。

記事を読む

恋愛小説家

『恋愛小説家』 素直になれない気持ちの影に純粋な思いがあるのかも

恋愛小説家という映画をご存知でしょうか。 主演はジャック・ニコルソン。 あのシャイニング

記事を読む

フォレスト・ガンプ/一期一会

『フォレスト・ガンプ/一期一会』ひたむきで純粋な愛情が心を癒す

『フォレスト・ガンプ/一期一会』は、トム・ハンクス主演のアメリカ映画です。 原作は小説

記事を読む

PAGE TOP ↑